Energize! HRカンファレンス_参加メモ

先週、日本の人事部HRカンファレンスに行ってきました。

日本の人事部「HRカンファレンス2017-春-」

5/16~4日間で、ぼくが行ったのは、3日目18日の最後のセッションと19日。

聴講したタイトルは、主に18日が、「普通の人がリーダーになる!“脱カリスマ時代”のリーダーシップとは

19日が、組織の問題を「人」「関係性」に働きかけて解決 いま日本企業に必要な“組織開発”とは

と、真の「戦略人事」を実現する でした。(その間もあるので、19日は全部で6本)

 

何度か聴いたエナジャイズ(energize)という言葉は耳に残っていて、自分の目指したいあり方になんかしっくりくる感じがあります。

ジャック・ウェルチによる「リーダーに必要な資質」の1つですね。

自分だけでなく周囲のエネルギーを引き出すとか活気づけるという。

 

2日目の最後のセッションでは、話は聴いているだけで、力が沸いてくるような感じを受けました。(まさにエナジャイズされました~。)

 

 

メモ
  • 意味なく否定しない。
  • 率先垂範力

 

  • 唯一正しい解は存在しない。ヒトの習性として唯一正しい解を求めたがる。考えることがリーダーにとって価値がある。より正しい解を探求し続ける。自ら、決めて、やり抜く。
  • 他者と触れ合う。フィードバックをもらう。自分で振り返る。

 

  • リーダーであればあるほどバリューとの一貫性が求められる。
  • 制度より風土

 

  • 組織開発、研修をやることが目的とならないこと。
  • 上司と個人の1対1にしない。網の目のように人のネットワークをつくる。

 

  • 人のやる気程これに勝る生産性はない。
  • 事業の成果をあげるためにどういう人が必要か。
  • 目的がはっきりしてないのに戦略を考えることができない。「勝ち」の定義ができていない。
  • 人と組織を使って最高のパフォーマンスを出す。
  • 強い、良い会社
  • 普通の人はロジックだけでは動かない。
  • 自分の考えを持つこと。自分の意見を全く気にしないで言えること。自分の軸はなにか。
おわりに

 自分の軸って完成することはないかもしれませんが、探求し続けることと、決めたことをやり続けることで、自信や誇りになっていくんだろうなとあらためて思いました。自分も少しリフレクションの時間が必要だなあ。

 

「知的機動力に向かって」 組織学会定例会_参加メモ

昨日は組織学会の定例会で、一橋大学名誉教授、野中郁次郎先生のの講演を聴講してきました。受付少し前に行ったけど、結構並んで後方にやっと席を確保。後から来た先輩は満席で入れなかったようです。

 

メモ
  • 最初から完璧な知識を持っていない、インタラクティブに作っていく。主観が重要、個人の信念から共創が生まれる。意味づけと価値づけを探求する。関係性の中で主体的に作る。

 

  • 人間的意味と科学的事実。我々は分析的視点でついみてしまうが、自分が感じている意味や価値こそが根源的である。

 

  • 経験を経験のままにするだけではなく、コンセプトを生み出していく。「すべての知識は暗黙知から。」(マイケル・ポラニー)

 

 

  • 高次知覚は趣味、洞察力、感受性から。経験の質を高める。
  • 人間的の心は身体に根ざす。ミラーニューロン、身体化された心。

 

  • 主観が主観にとどまる限りは普遍にならない。相互の主観をぶつけながら共感にもっていく。

 

  • 1人称 ←2人称 →3人称:そして2人称が大事「私とあなた」。

 

 

  • 幸福指標:なにがハッピーか?ハッピーなやつはパフォーマンスが高いんだ。数字をグダグダ言わない。

 

  • 実践的賢慮:徒弟、メンタリングの中ででそだっていく。マニュアルでは伝わらない。

 

  • もっと人間の思い、信念に入っていく。意味、価値、コンセプトをつくる。一人称を復活させないとイノベーションは起こらない。はじめに思い。はじめに計画じゃねーんだ。

 

  • オーバーアナリシス、オーバープランニング、オーバーコンプライアンス
  • 自分の仕事の中でいかにコンセプトをつくるか。やりながら発見する。
  • 共通善「善い」目的をつくる。
  • 「理想は決して達成できないかもしれないが、それを達成しようとするからこそ人は限界を超え知を創造する。人を動かすのは理想を追求したいという信念、思いである」(ニコラス・レッシャー)

 

  • 利他を少し多くするようにしたらうまく回ってきたという言葉。

 

  • AIの役割はリプレイスではない。

 

おわりに

分かりやすくユーモアもあり、楽しく聴講。内容にもかなり共感し、だいぶ刺激を受けました。

気になったところは後で調べるとして...

実はテキストなどでSECIモデルの概要を知る程度。

その本質についてよく知りたいので、しっかり本を読むことにします。

 

 

知識創造企業

知識創造企業

 

 

プロフィール

KOI CHANNEL

HN

 koichannel

ニックネーム

 koi

職歴
  • 薬剤師として病院勤務:病棟では主に循環器の医師から指導を受ける。祖父が勤務先でお世話になり最期を迎えることができました。
  • 薬局チェーン勤務:薬局では地域連携を軸に在宅医療を進める。終末期に関わることで、その人その人の人生を感じる経験ができたことは自分自身のあり方を見直す機会にもなりました。薬局の管理者になり中小企業診断士を取得。その後は本社で薬局の在宅医療推進や在宅医サポートのプロジェクトなど。現在は経営企画と組織開発を担当。他に一般社団法人の理事を務める。
資格・所属

◆薬剤師

  • 日本薬剤師会、日本静脈経腸栄養学会、日本褥瘡学会、日本緩和医療学会、全国薬剤師在宅療養支援連絡会(研修担当)所属
  • NST専門療法士:在宅医療では栄養の知識をベースに持つ必要性を感じ取得

◆介護支援専門員(ケアマネジャー)

  • 実務経験なし。在宅医療に対する理解を拡げるため取得。

中小企業診断士

趣味
  • 釣りを趣味にしたいと長年思いつつ、未だ叶わず...
  • 食:ラーメン、平日の休みにちょっと良いランチ、居酒屋(ホイスが好き)、最近燻製を始めたばかり、BBQ
強み(ストレングスファインダー)

 未来志向、自我、活発性、回復思考、戦略性

目指すあり方

人をモチベートできる存在、人をエナジャイズできる存在でありたいと思っています

 価値観

活力 達成 笑い 執念 初心 シンプル 

習慣

(2017.5.23追加)

  • 自分の行ったことに執着しない
  • YES,ANDで受ける(感情的、反応的に返さない)
  • 早く寝て、早く起きる
  • TV、YoutubeSNS、ゲームに依存しない
  • 〆の炭水化物をとらない
コンテンツ
  • 経営方針(ビジョン)・経営目標の策定支援
  • 戦略・アクションプラン策定支援
  • 事業計画の策定支援(創業・経営革新計画等)
  • 薬剤師の在宅研修(ワークショップ型)
  • 薬剤師の無菌調剤(クリーンベンチ)導入・運用支援
  • 薬局のマネージャー、新人等に向けた研修
  • リーダーシップ開発(プログラム企画・研修等)
  • ファシリテーション研修
  • 経営理念の共有支援
  • 経営理念・コアバリュー等の見直し支援
  • モチベーション活性化の支援